Shinkyouchi

随想音

プログレッシブハウス "Phoenix" 制作過程

曲を作り始めると、毎回作業後にファイルを書き出し、途中経過を聞いていろいろと考えます。私は大体2週間ぐらい(使える日数や作るものによる)かけるのですが、その作業の経過を時系列でまとめたのがこの音源です。(もっとも実際の作業に入る前に、イメージや構成を考え、どういう曲を作りたいのか具体的に決めています。)

Day1

最初はこんなアイデアから始まりました。

Day2-1

前日のアイデアに納得いかず、メロディとコード進行だけ先に考えることに。この時点で曲の頭から終わりまでピアノ音源のスケッチが出来ていました。

Day2-2

早速シンセやキックのサンプル等を入れてみる。ドロップでスタッカートのストリングスとシンセを使うアイデアはこの時点で決めました。

Day3

さらにドラムやSE、アルペジオなどが加わり24小節まで進む。

Day4

昨日まで作ったドロップの前の部分にあたるブレイク、ビルドアップを作り始める。まだまだドロップのシンセ等のレイヤーが弱いですね。そして中間のブレイクへ。ストリングスも入り雰囲気が出てくる。さらに二回目のドロップまで進みましたが全体的には粗削りな感じです。

Day6

イントロ、アウトロを入れてみる。BPMを126から128へ変更。やっと全体像が掴めますが、これで完成ではありません。ここから何度も繰り返し聞きながら、毎日細かい調整作業を続けます。

Day14

最終バージョン、BPMを127へ変更。一週間前と違い完成度が上がる。前の週のバージョンと較べどこが変わったのか気付いたところはありますか? 

そして1年後にこの曲がマスタリングされリリースされました。音がまとまり、より良くなっています。作る音楽のスタイルによっては、作業の流れ順番も変わるところがありますが、私はこんな感じで作っています。

Takeshi I - Phoenix (Original Mix)