Shinkyouchi

随想音

アフリカのSF

この曲を作り始めたのは2014年の12月の中頃。普段はシンセの音を中心に作っているのですが、たまには生音っぽいものも使いたいと思っていた時でした。(といってもサンプラーで鳴らすので正確には生演奏ではありません。)具体的なイメージはまだありませんでしたが、民族音楽の歌のサンプルとカリンバ(アフリカの楽器)の音を使いたいということだけはなんとなく決まっていました。

さてどんなイメージで作ろうか。そこでなんとなく想像してみることに。アフリカのサバンナをロボットの象が疾走している。民族衣装にハイテクな武装をした黒人の戦士。不思議な魔力で地域を支配する美しい女王、それにひれ伏す人々。具体的なストーリーまでは考えませんでしたが、絵、イメージだけは見えてきました。

そんな事を考えながら具体的な音楽にしていく。管楽器の音も入れつつ途中からシンセの音も入ってくる。生音とシンセの音、野生とテクノロジーの対比。伝統と近未来、そんな世界感。アフリカを舞台にした神秘的なSF映画「New Frontier」(あくまで私の想像ですが)。ちょっと見てみませんか?

広告を非表示にする